日時:2017年7月2日(日)
場所:ディファ有明


第11試合 ウェルター級タイトルマッチ 5分5ラウンド
阿部大治(HMC)
(2R 0分26秒 TKO)
×三浦広光(SAMURAI SWORD/RINGS/王者)

第10試合 ライト級 5分3ラウンド
徳留一樹(パラエストラ八王子)
(判定:3-0/30-27、30-27、30-27)
×キーラン・ジョブリン(オーストラリア)

第9試合 ミドル級 3分3ラウンド
近藤有己(パンクラスイズム横浜)
(判定:3-0/29-28、29-28、30-27)
×ミノワマン(フリー)

第8試合 バンタム級 5分3ラウンド
上田将勝(パラエストラ東京)
(判定:3-0/30-27、30-27、30-26)
×TSUNE(リバーサルジム新宿Me,We)

第7試合 女子ストロー級 5分3ラウンド
村田夏南子(フリー)
(判定:3-0/30-27、30-27、30-27)
×クレア・フライヤー(オーストラリア)

第6試合 ミドル級 3分3ラウンド
新村優貴(TEAM CLIMB)
(2R 2分58秒 KO)
×一慶(フリー)

第5試合 フェザー級 5分3ラウンド
鈴木琢仁(ブルテリア・ボンサイ)
(判定:3-0/29-28、29-28、29-28)
×杉山和史(TURNING POINT MMA/HF) 

第4試合 ウェルター級 3分3ラウンド
奈良貴明(パンクラスイズム横浜)
(判定:3-0/30-27、30-27、30-27)
×窪田幸生(坂口道場一族)

第3試合 バンタム級 3分3ラウンド
ハルク大城(ボスジム)
(判定:3-0/29-28、29-28、30-27)
×河村泰博(和術慧舟會AKZA)

第2試合 ストロー級 3分3ラウンド
リトル(GUTSMAN)
(3R 2分10秒 リアネイキドチョーク)
×児玉勇也(トイカツ道場)

第1試合 フェザー級 3分3ラウンド
内村洋次郎(イングラム)
(2R 2分57秒 TKO)
×コンバ王子(マッハ道場)                                 


●コメント
・阿部大治
「2年前、足を大怪我して死にかけましたが、仲間の助けのおかげで格闘技に戻って来れました。ここまで僕一人ではやれませんでした。皆さんありがとうございました。初めて話しますが、8月に赤ちゃんが生まれます。カッコいいパパになりたいです。ダメージは無いんで9月、UFC JAPAN出たいです」

・徳留一樹
「KOか一本で勝ちたかったんですが、面白い内容ではなかったです。スカッとした気分にさせたかったんですが、すいません」

・近藤有己(by BLOG)
試合終え。
勝って本当嬉しかった!
まわりも喜んでくれ
それもまた嬉しかった!
シコタマ飯食って
次はまた
もっとがんばろう!!
みなさん本当にありがとうございました!

・村田夏南子
「7か月ぶりの試合で、また悔いの残る試合をしました。パンクラスのケージで経験を積めたことに感謝しています」
「お母さん、いつも声が聞こえます。ありがとう」
「またパンクラスで強い選手と戦えるように1から頑張ります」

・新村優貴
「一慶選手は強くなっていてやりづらかったんですが、一発は自分の方があったかな。ところでロッキー川村、どこにいるんだよ」
(川村を呼び入れ)「前回は自分の体調が悪いせいでKO負けしてしまったので、次はロッキーをぶっ殺します」


OfficialSite
阿部大治、三浦広光をパンチで粉砕し王者に。UFC参戦を熱望(バウトレビュー)
阿部がTKO勝ち、史上最速4戦目で王座奪取(イーファイト)