日時:2017年9月2日(土)
場所:中国・上海


【動画】 ベン・アスクレンのフィニッシュシーン


【動画】 山田哲也のフィニッシュシーン


Main Card (PPV)
<ウェルター級タイトルマッチ>
ベン・アスクレン(米国/王者)
(2R 4分9秒 TKO)
×セバスチャン・カデスタム(スウェーデン/挑戦者)

<フライ級>
マ・ハオビン(中国)
(2R 4分50秒 ギロチンチョーク)
×フーシーグウトゥー(中国)

<ライト級>
アミール・カーン(シンガポール)
(1R 3分46秒 TKO)
×ヤロスラフ・ヤルティン(チェコ)

<女子ストロー級>
シュー・チュンヤン(中国)
(判定:3-0)
×エーヤナット(カンボジア)

<フェザー級>
山田 哲也(日本)
(1R 1分55秒 リアネイキドチョーク)
×カイル・ロゼウスキー(米国)

<フェザー級>
サゲッダーオ・ペットパヤータイ(タイ)
(1R 1分41秒 TKO)
×マムード・モハメッド(エジプト)


・ベン・アスクレン
「誰かケージの中で俺にパンチを当ててくれよ。スーパーファイトでも良い、ウェルター級の誰とでも戦う」

・マ・ハオビン
「1年振りの試合で10日間しか準備期間がなかったけど、勝つことができたよ。トップ、チャンピオンになりたい。準備はできている」

・山田哲也 (by Twitter)
「1ラウンド2分くらいでチョークスリーパー極めて勝ちました。短い期間で試合を受けてくれたカイル選手を尊敬してるし本当に感謝してます。」


OfficialSite
9分09秒間続いた一方的な展開。防衛に成功したアスクレンは「誰がパンチを当ててくれ」(MMAPLANET)
フーシーグウツウをギロチンで破ったマ・ハオビンに見る中国MMAの成長(MMAPLANET)
ナラントンガラグの代役ロゼウスキーをRNCで、山田哲也が一蹴(MMAPLANET)